×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スキャルピング

スキャルピングは勝てない?

FX投資というとなんとなく、1日のうちに何十かいと売買を繰り返すイメージを持っている人が少なくありませんが、そういったトレードスタイルがスキャルピングと呼ばれ、
他にも、時間足が長くなればなるほど、デイトレとかスイングトレードといった風にトレードのスタイルが変わるようになっていきます。

 

スキャルピングの魅力は何と言っても、短時間でガンガン稼げる可能性を秘めている点で、銀行預金の金利が月額1%を大きく下回る中で、
月利で数%を実現するのはもちろんのこと、毎月のように月利100%以上を達成し、数百万円単位で荒稼ぎしている人がいるのも事実です。
FX関連の脱税ニュースも1年に1回はヤフーニュースで取り上げられたりしますが、そういった人たちの多くがスキャルピングを実践しているように、
FXの醍醐味はスキャルピングにあるように感じるものの、スキャルピングを本当の意味で習得するのは決して簡単なことではなく、スイングトレードなどと比べて難易度が上がります。

 

というのも、1分足や5分足というのは、一時的な資金流入によるだましトレンドが発生しやすいという性質を持っていて、こういった値動きを回避できないと、
みすみす負けるトレードを繰り返す羽目になり、気がついたら資産を大きく減らしていたといったことにつながりかねません。
スイングトレードなどの場合にももちろん、だましは発生しますが、スキャルピングに比べて頻度は非常に少ないため、トレードしやすい感覚はありますが、
理想を言うとスキャルピングとスイングトレードの両方を使い分けてトレードするのが、理想的なリスクヘッジされたトレードになりますよ。